SPONSORED LINK

2017年5月21日日曜日

何故、ニューヒーロー比嘉大吾にスポットを当てないのか?



  昨日のボクシング世界戦3試合の最初の試合、比嘉大吾選手がファン・エルナンデス選手をKOで破り、見事な勝利を収めました。比嘉大吾選手は並はずれたハードパンチャーで戦績はこれで13戦13勝13KOというとんでもないパーフェクトレコードになりました。ボクシング界のスーパースター誕生です。

  比嘉大吾選手は沖縄出身。日本人離れしたパワーはステーキを日常的に食すというアメリカナイズされた食生活も関係しているでしょうか。顔だけ見れば日本人らしい優しい顔立ちですが、引き締まった筋肉は日本人離れしています。

  ところで、yahooを見てみますと、ボクシングの話題と言えば、比嘉大吾選手の世界戦と同じ会場で行われた村田諒太選手の「判定負け」にスポットが当たっています。試合内容では優勢だったが、「疑惑の判定」で負けたという話です。yahooのアクセスランキング(スポーツ総合)では、上位にずらりと村田選手敗戦の記事が並んでいます。

  村田諒太選手と言えばオリンピック金メダリストですから、数年来のスーパースターです。対して、比嘉大吾選手は、ほぼ無名でした。

  しかし、昨日の結果は前者が敗者で後者が勝者です。しかも前者は「疑惑の判定負け」というおまけ付きで、決して明るい話ではありません。対して、後者には一点の曇りもないハッピーニュースです。

  このブログで以前も触れたことがありますが、何故か日本のメディアは、日本人が不快になるようなトピックを大量に供給しています。

メディアのちょっとした配慮で日本はもっと元気になるのに、どうしたものでしょう?


ところで、下のリンクをクリックいただけますと幸いです。
人気ブログランキングへ


爽やかな沖縄の風景です。




0 件のコメント:

コメントを投稿

SPONSERED LINK

「おクジラさま ~ ふたつの正義の物語」を観て

  昨日、「 おクジラさま ~ ふたつの正義の物語 」という映画を見てきました。一言で言うと、反捕鯨団体シーシェパードメンバーが、はるばる、わざわざ、ご苦労様なことに、日本の捕鯨の町、太地町までやってきて、一方的に「自分たちの正義」を振りかざし、「日本人をクズ扱い」し、素朴・純...