SPONSORED LINK

2017年5月10日水曜日

日本の報道は自由なのか?



  「日本の『報道の自由度』が世界で72位の怪」なる記事をyahooで見つけました。記事の趣旨は、72位という評価はあまりに低すぎ、信頼性に乏しいと言うものです。


  私も、いくらなんでも72位は低すぎる、と直観的に「感じます」。この記事を書かれてる方もそう感じてらっしゃるようですが「72位が低すぎる」ことの客観的根拠を示しているかというとそうでもないのが残念です。(笑)


  ところで皆さんは、72位がどうかは別にして、日本の報道が自由に行われていると思いますでしょうか?日本の報道は「横並び」だと昔から言われています。他社がどう報じているのか相互にチェックしながら、各社、「無難な報道を心がけている」と言われています。これって、そもそも自由な報道ですかね?(笑)


  私がたびたび話題にする「原発コスト」にしたって、どこの新聞も「安い」と言い続けてきました。ちょっと考えれば、大いに疑わしいにもかかわらずですよ。(笑)


  また、この記事は「72位が不当」という根拠を示さないばかりか、この調査に関与した人物の過去の発言を「偏向している」と断じております。しかも、そう断じた基準も根拠も示していません。極めて感覚的な主張にとどまっており、このような記事がyahooのヘッドラインに出てくる日本は、ずいぶんと言論の自由が許された国だと思います。(笑)


  しかし、「偏向している」と断じられた側の視点に立つと、論理も根拠も基準も示さず、一方的に批判されているわけで、反論することすら不可能です。これでは恐ろしくて自由に発言できません。


  つまり、基準、根拠を示し、論理的に主張する分には問題ないのですが、その基本ルールを無視した瞬間に他者の発言の自由を奪うことになるわけです。


  この国には、論理性・客観性を欠いた記事があまりに多いように思います。これでは報道の自由が確保できない。一見、言いたい放題でとても自由に見えますが、実はとても不自由なんです。72位が妥当かはさておき、日本の報道は決して自由ではありません。この記事は、「日本の報道は自由である」と主張しながら、実は真逆の事実を証明しているわけです。(笑)

ところで、下のリンクをクリックいただけますと幸いです。
人気ブログランキングへ


都内某所で撮れた可愛い写真です。






0 件のコメント:

コメントを投稿

SPONSERED LINK

「おクジラさま ~ ふたつの正義の物語」を観て

  昨日、「 おクジラさま ~ ふたつの正義の物語 」という映画を見てきました。一言で言うと、反捕鯨団体シーシェパードメンバーが、はるばる、わざわざ、ご苦労様なことに、日本の捕鯨の町、太地町までやってきて、一方的に「自分たちの正義」を振りかざし、「日本人をクズ扱い」し、素朴・純...