SPONSORED LINK

2017年4月23日日曜日

機械とAIが仕事を奪う


  先進国の国民を悩ませているもののもう一つが「生産の省力化」です。


  最近「AIが仕事を奪う」と話題になっていますが、これも含んだ話です。つまり、人間の労働(肉体的労働+頭脳労働)が機械・コンピューターに置き換わり、人間の労働の需要が減っていくという話です。


  ある時点まで。ざっくりいうと20世紀末までは技術革新が人類の生活を豊かにしてきました。家電製品やら乗用車などが人間の生活を豊かなものにしてきたわけですが、その生産を通して、膨大な「労働」が投入され、労働者はその見返りに賃金を受け取ってきたわけです。つまり、「労働」は生産の手段であると同時に富の分配手段でもあったわけです。


  その労働が機械やらコンピューターに置き換わっていくものですから、生産量が増えていても、その割に雇用は増えない、あるいは減っていくということが起きます。生産を通して得られた富は労働者に分配されるというより、機械やコンピュータを所有するもの、つまり資本家に向かいます。


  グローバリゼーションと生産の省力化がダブルで、「格差(富める者とそれ以外の差)」を生み出しています。あの豊かなアメリカですら、アメリカンドリームは終わったと言われているそうです。


  前の記事で、先進国の国民を悩ませているものは2つあり、「グローバリゼーション」と「生産の省力化」だ、と書きましたが、より直接的に言えば「格差」であり、言い換えれば「富の分配」の問題です。


  その不満が欧米では「移民がもたらした問題」と誤解されているのです。



ところで、下のリンクをクリックいただけますと幸いです。
人気ブログランキングへ


IMG_4281.JPG






0 件のコメント:

コメントを投稿

SPONSERED LINK

「おクジラさま ~ ふたつの正義の物語」を観て

  昨日、「 おクジラさま ~ ふたつの正義の物語 」という映画を見てきました。一言で言うと、反捕鯨団体シーシェパードメンバーが、はるばる、わざわざ、ご苦労様なことに、日本の捕鯨の町、太地町までやってきて、一方的に「自分たちの正義」を振りかざし、「日本人をクズ扱い」し、素朴・純...